小児矯正

小児矯正(ネオキャップ・ビムラー矯正)

お子さまの矯正治療を快適に

レーザー治療とは

矯正治療というと、装置が目立ったり、治療に伴う痛みが強かったりと、いろいろな不安がありますよね。
とくにお子さまは、周囲との違いに敏感になるなど、矯正治療への抵抗も強いことかと思います。
当院では、そんな小児矯正を快適に行える「ネオキャップ・ビムラー矯正」を実施しております。

ネオキャップ・ビムラー矯正とは

ネオキャップ・ビムラー矯正とは、ブラケットや矯正用ワイヤーを使わずに、歯並びや顎の発育の異常を治療する方法です。
「ネオキャップ」という白いプラスチック製の被せ物と、「ビムラー」と呼ばれる取り外し式の装置を併用して歯並びの治療を行います。
「舌・頬・唇の筋肉」のバランスを整えることが主な目的です。

ネオキャップ・ビムラー矯正のメリット

ネオキャップ・ビムラー矯正は、極めて特徴的な治療法であり、以下に挙げるようなたくさんのメリットが得られます。

1.装着するのは「夜」だけ

ネオキャップは、乳臼歯の被せ物なので、常にお口の中にありますが、
ビムラーは着脱式の矯正装置です。基本的には、夜眠っている時に装着するだけで治療の効果が得られます。
つまり、周囲にまったく気付かれずに矯正治療を進めることができるのです。

2.治療に伴う痛みが少ない

1歯1歯にブラケットを設置して、歯を強制的に移動させるワイヤー矯正とは根本的に異なります。
顎の発育を正常に促す方法なので、治療に伴う痛みも少ないです。お子さまが受けるストレスも最小限に抑えられます。

3.抜歯の必要性が低い

一般的な矯正治療では、抜歯をした上で、どのように歯を移動させるのかを考えていきます。
一方、ネオキャップ・ビムラー矯正では、抜歯が前提とはなりません。抜歯をせずに、治療を完了できるケースの方が多いといえます。

4.顎のバランスも整える

この装置を用いると、歯並びやかみ合わせだけでなく、顎の骨のバランスまで整えることができます。
骨格的な異常に由来する「上顎前突」や「下顎前突」も治すことができるのです。その結果、顔立ちも美しくなります。

5.むし歯になりにくい

従来の矯正法だと、ブラケットのすき間に食べ物が詰まったり、歯ブラシが隅々まで行き届きにくかったりと、口腔衛生状態が低下しがちでした。
ネオキャップ・ビムラー矯正は、夜間に装着するだけなので、口腔ケアも普段通りに行えます。
清潔な口腔環境を維持しやすくなるので、むし歯のリスクも低下します。

6.後戻りが少ない

矯正治療には、歯の後戻りはつきものです。
歯を強制的に移動させると、元の位置に戻ろうとする力が働くためです。その点、ネオキャップ・ビムラー矯正は、お口周りの筋肉のバランスを整える治療法なので、後戻りは極めて少なくなっています。

ネオキャップ・ビムラー矯正のデメリット

ネオキャップ・ビムラー矯正にもデメリットがあります。
それは「装着しなければ治らない」という点です。
従来のワイヤー矯正は、固定式の装置であることから、患者さまの意思に関係なく治療が進行していきました。
一方、ネオキャップ・ビムラー矯正は、患者さまが装着するかしないかで、治療の成果も大きく変わります。

リンク集

・NeO-Capシステム®
・国際機能矯正臨床研究会(IFOCS)
※画像をクリックすると外部サイトへリンクします。

NeO-Cap.System®
IFOCS

治療説明動画

TREATMENT MOVIE

レック治療について

金のない入れ歯治療について

各種治療についての説明動画です。ぜひご覧ください。

ご相談はお気軽に

歯に関するお悩み・ご相談は
「いつでも」「気軽」にご相談ください。